jiketa.com

openmatomeview

忘却のストッパー:但馬大仏造営工事 昭和62年4月~平成6年4月
川合山 長楽寺(但馬大仏)(高野山真言宗) 大正7年に建てられた既存の本堂・庫裡を解体し昭和62年4月24日に起工式を行った、開眼法要は平成6年4月19日であった。
Updated Date : 2017-08-16 18:16:03
Author ✎ takejisasaki
この記事をシェアしてください。 ☺

但馬大仏 川合山長楽寺
川合山 長楽寺:但馬大仏(高野山真言宗)

川合山長楽寺 但馬大仏
35.50236063013437
134.57015991210938
0
0
0
13
35.50236063013437,134.57015991210938,0,0,0
今回紹介するのは、兵庫県にあるの但馬大仏です。
但馬大仏造営工事
発端:相互タクシーの多田清社長が本人の出身地に越前大仏の大伽藍を建立、それに続き奥様の出身地にこの村岡の長楽寺(高野山真言宗)に寄進をされて、改修し五重塔を建てようというころからスタート。 工期:大正7年に建てられた既存の本堂・庫裡を解体し昭和62年4月24日に起工式を行った、開眼法要は平成6年4月19日であった。 建物概要 ・五重塔 高さが70mで越前勝山の(清大寺の五重塔のた高さが75mに次いで日本第2の高さとなる。 ・大仏殿 境内で一番大きな建物で、間口180尺(約54.54m)奥行120尺(36.36m)高さは棟迄130尺(39.5m)しびをを入れた最高高さは41.7mで奈良東大寺大仏殿と同じ間口で、内部には阿弥陀如来坐像。釈迦如来坐像・薬師如来坐像の3体が安置されています。 ・その他 大門・回廊・薬師堂・舞台・庫裡・寺務所・鐘楼・村岡城連絡橋・駐車場・公園・庭園がある。
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

忘却のストッパー:但馬大仏造営工事・見学会 
忘却のストッパー:北京観光 2009
忘却のストッパー:乱気流 自作風車造り 2016
忘却のストッパー:厳冬期の大糸線 2014
忘却のストッパー:九州霧島連山:新燃岳 2004