jiketa.com

俳句界

1 2
連れ合いに先立たれて3か月が過ぎた。法事、転居、遺品の整理などに追われた毎日も一段落。飼い犬の餌もアイデア商品の自動的な投与で省力化に役立っている。猛暑の毎日だが庭に植樹の余裕も出てきた。
Modify : 2018-07-25 16:38:40 ✎ さくらがい
澄み渡る晩秋の夜空のもとで幽かに浮かぶ月を背景に多数の提灯とかがり火に、護王神社の亥子祭が映し出される。 当社は御所の守護神であり、和気清麻呂命ほかを祀る霊猪の信仰の厚い神社である。 拝殿の前には...
Modify : 2018-07-03 11:34:25 ✎ さくらがい
京都伏見の料亭「魚三楼」は江戸時代の創業で、薩摩藩の炊事方も務めたという老舗です。鳥羽・伏見の戦いで、京町通りに面した表の格子に銃撃戦の弾痕が当時のまま残っています。
Modify : 2018-07-03 11:33:20 ✎ さくらがい
丹後半島の日本海に面した位置に眺望の良い喫茶店があります。海側から見るとあたかも岸壁のぎりぎりの線まで喫茶店が身体を乗り出しているようなスリリングな光景です。
Modify : 2018-07-03 11:29:50 ✎ さくらがい
立本寺(上京区)の本堂の正面にたたずむ舞妓が一人。雪のような白い花びらが舞い落ちるシーンは、行く春を惜しむかのような情趣を添えています。うなじや帯にとまった花びらが、まるでデザイン模様のようですね。
Modify : 2018-07-03 11:28:36 ✎ さくらがい
夕暮れ時に鳶が一羽、上昇気流に乗って高々と舞う。ピーヒョロロと鳴きながら輪を描いて山裾の千枚田を見下ろしながら飛翔(ひしょう)しています。
Modify : 2018-06-28 15:08:31 ✎ さくらがい
鞍馬寺の行事。青竹を大蛇に見立て、二人一組に分かれた法師たちが竹を切る速さを競い、豊作の吉兆を占います。
Modify : 2018-04-26 17:17:50 ✎ さくらがい
「おたまじゃくしは 蛙の子なまずのまごでは ないわいなそれがなにより 証拠にはやがて手が出る 足が出る」 懐かしい童謡ですね。
Modify : 2018-03-27 20:39:42 ✎ さくらがい
京都の三大祭りの一つ葵祭(賀茂祭)は5月15日に行われる上賀茂神社と下鴨神社の例祭です。牛車を中央に絢爛たる衣裳をまとい京の街を練り歩くゆかしい祭です。
Modify : 2018-03-25 20:45:38 ✎ さくらがい
京都御所の建礼門の東に川端道喜(かわばたどうき)だけが出入りできたという道喜門(どうきもん)があります。 応仁の乱で後柏原天皇が食に不自由された時に、見るに見かねた道喜が毎朝お餅を届けた通用門です。
Modify : 2018-03-20 09:56:00 ✎ さくらがい
鯛中鯛(たいちゅうたい)とか「鯛の鯛」という言葉がありますね。 これは鯛の体の中には子ダイのような骨が隠れているのです。実は胸ビレを支える骨で、不思議に鯛の姿に似ているのです。しかも一つのヒレに一...
Modify : 2018-02-25 17:53:41 ✎ さくらがい
日本三大梵鐘のひとつ、親綱を引く僧侶と子綱を引く16人、「えーいひとつ」「そーれ」の掛け声に気合山盛りの大晦日の行事。テレビだけでなく足を運んでみませんか。
Modify : 2018-02-25 17:51:51 ✎ さくらがい
人間の平均寿命に比べると動物の場合はずっと短いようですね。でもどれだけ長く生きたかよりも、限られた生ある期間をどう生きたかが人にとっても動物にとっても大切なのではないでしょうか。
Modify : 2018-01-26 12:00:49 ✎ さくらがい
「一文橋」は長岡京市と向日市の間を流れる小畑川に架る橋のひとつです。日本で最初の有料の橋といわれ、欄干には巨大な一文銭が飾られています。通行料金は一文でしたが、半兵衛という橋守りが貧しい人の通行す...
Modify : 2017-11-14 14:50:40 ✎ さくらがい
近畿地方の最北端に位置する経ケ岬は近年、航空自衛隊基地に米軍のミサイル防衛用レーダーの設置がなされました。経ケ岬灯台は日本初の水銀槽式回転機械と呼ばれるレンズを使用していること、光を照射するレンズ...
Modify : 2017-10-27 11:11:01 ✎ さくらがい
沢ノ池は鳴滝の三本松にある標高410mに位置する池です。エメラルドグリーンに透き通る池面が特徴的で、京都にこんな場所があるのかと思うほど秘境の雰囲気が漂っています。
Modify : 2017-06-28 14:58:48 ✎ さくらがい
円山公園は東山の山麓にあり日本風の庭園として市民や観光客の憩いの場になっています。なんとなく映画のロケ風のシーンです。
Modify : 2017-06-18 16:46:56 ✎ さくらがい
相国寺の山内寺院・林光院には名梅が現存します。 村上天皇の時に清涼殿の梅の木が枯れたので紀内侍(紀貫之の娘)の家の梅を移し替えさせたところ、枝に"勅なればいともかしこし鶯の宿はと問はばいかが答へむ”...
Modify : 2017-06-17 16:07:59 ✎ さくらがい

1 2